TOEICでは英語力を正確に測れるでしょうか?

TOEICで英語力を測る

TOEICで英語力を測る

 

皆さんこんにちは!

今回は、TOEICに関しての話をしていきたいと思います。

TOEICは、英語のコミュニケーションを評価するためのテストです。

しかし、実際のところTOEICの点数が高いからと言って、英会話能力がとても優れているといえるわけではないのです。逆に英会話能力がとても高い人であっても、TOEICの点数がとても高いということはないのです。

知り合いの英語翻訳を専門にしている友人がいるのですが、その方のTOEICの点数は聞いたところ、そんなに高くありませんでした。

では、なぜそのようなことになってしまうのでしょうか。TOEICはリーディングとリスニングに分けられます。つまり、この二つの能力を極めることができれば、点数は高くなっていきます。

しかし、実際問題、英語のコミュニケーションで最も必要になるのは、皆さんもご存知の通り、スピーキングの技術です。この能力がTOEICでは評価できないので、実際の英会話能力とTOEICの点数が比例するとは限らないのです。

それでは、英会話能力を高めていくためのスピーキング能力はどのようにして高めていけばいいのでしょうか。先ほど英語翻訳の友人に尋ねたところ、実際にその国の言葉でコミュニケーションを取ることが何よりも大事だと言っていました。そのためには、実際に英会話教室に行ったり、ネイティブスピーカーと英語で話す機会を作ったりするなど、自分から積極的に動いていく姿勢が大事です。

今の時代、英語が話せるようになることは社会においての常識のようなものです。そのため、しっかりと英語力を身に着けていきましょう。

英語翻訳の納品スピードは翻訳家の対応力を評価する目安

スピーディーな英語翻訳

英語翻訳家


英語翻訳家って何?

英語翻訳家というとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?

一番すぐに思い浮かぶのが書籍の翻訳家ではないでしょうか。外国で有名で流行っている本を日本語に翻訳したり、日本で売れ筋になった本を外国語に翻訳したり、もちろんこのような翻訳家が本流とされている事実は一概に否定はできません。ですが、近年は上記のような書籍翻訳よりも実務翻訳における翻訳を求められる需要が増えていると感じています。 例えば、イギリス市場で売り出す日本の飲料のチャッチコピーは間違っていないか、や不快な表現が入っていないか、などの単純な翻訳の枠組みを超えて校閲(簡単な)に近い翻訳を求められることが増えています。また、企業のグローバル化に伴い、多言語翻訳が増えましたが、複数の言語を自在に操れる、翻訳家はまれに存在します。そういった時に、依頼者はほかの言語翻訳を探すには、英語翻訳家に「誰か中国語も翻訳できる人知らない?」と聞いたりしてきます。

従来の英語翻訳家は、いつも原稿を抱えて一人で黙々と作業をするスタイルだったのですが、昨今では他の言語翻訳家との交流や、ニッチな言語を操れる翻訳家と知り合いになったりして、依頼者から自分の専門外の言語の相談をされてアドバイスをできるようなマルチプレイのできる英語翻訳家が求められる時代になりつつある。書籍翻訳ももちろんですが、多言語展開の進むこの時代の翻訳家は時代のニーズに合わせて旧態依然の体質からの脱却を求められているのかもしれません。

英語翻訳家になるには

英語が話せる、英語が出来る人が皆、翻訳家になれるわけではありません。英語を勉強すると一概に言っても、様々な勉強法や、習得法があります。

まず、翻訳をするにあたって大切なのは、正しい日本語を上手に書けるという事です。英語を日本語に訳す場合、ほぼ辞書を引かないでも英語の意味自体を理解できていても、それを日本語で表現するとなった場合、正しい日本語の表現や語彙、言い回しなどの知識が欠かせません。

よって、翻訳家になるにあたって、まず日本語を勉強する必要があります。また、日本語には特有する言い回しを英語に訳す場合、どのように訳すかは、その人のスタイルや感性によって表現が違ったりもします。

また、映像翻訳になると、それ用の技術も必要になってきます。例えば、洋画で俳優が早口で話しているシーンでは、その英語をすべて日本語に訳すと、字幕が長くなって、シーンに追い付かなくなってしまうのです。よって、英語の文章をどれだけ要約し、かつ意味を伝え切ることが出来るかが、映像翻訳をするにあったって、とても大切な手法になります。このように様々な翻訳ジャンルにおいて、英語翻訳家になるという事は、英語が理解できる、話せるという事だけでなく、多様な翻訳案件にでも対応できる、様々な翻訳スキル、専門知識や実務経験を身に付けなくてはならないのです。

レスポンスの速い英語翻訳業者を選べましょう!

どのような仕事でも、速い仕事は利用者にとって大変有難い事です。これは英語翻訳についても同じ事で、特にビジネスに係わる仕事でもあるので、英語翻訳スピードの早さは依頼する業者の対応力を測る尺度と言っても差し支えないでしょう。では、英語翻訳スピードの速い業者をどうやって見分けるのがいいのでしょうか。それは、見積依頼を通じて簡単に確認することができます。

例えば、午前中に見積依頼をして、1時間、2時間…その日のうちに見積書を提出するような英語翻訳業者は、早い仕事を行う業者であるといえます。ただ、忙繁期になる場合、翻訳業者は納品に時間がかかることがよくあります。しかし、利用者の問い合わせに素早く対応する翻訳業者であれば、そういった状況を事前に連絡してくれるので、そういった事も英語翻訳業者を選択する一つの目安といえます。

また、英語翻訳文の納品までのスピードも大事なのですが、納品後も色々と確認ややり取りが発生するので、問い合わせへの対応が速いかどうかは非常に重要なポイントであるといえます。ですから、英語翻訳を依頼する場合には、仕事の速さを確認すると共に、問い合わせへの対応に定評がある英語翻訳業者を選ぶと、安心して仕事を任せることができます。

ビジネスに活用するならスピーディーな英語の翻訳をしてくれる会社を選ぶようにしましょう。ビジネスでは駆け引きなどもあるので、早さがとても重要です。そういった場面にもしっかりと対抗してくれる会社を選ぶようにすることがビジネスの成功につながるので、ここは決して妥協しないように徹底的に追及していきましょう!

海外との取引にもサポートしてくれる日本の優良翻訳会社

f:id:english-translation:20181219213128j:plain

 

翻訳会社に頼むときのチェック項目

東京オリンピック開催が間近で、グローバル化が進んでいる中で、諸外国の文章を読んだり手紙が来たり、書類を提出しなければいけないこともあります。こういった場合において、翻訳会社に依頼する場面が出てきます。世界には数多くの言語が存在しますので、翻訳会社に依頼をする際には十分に注意しなければならいことがあります。翻訳会社によって、それぞれ専門に取扱っている翻訳言語が異なりますので、すべての翻訳を対応できる訳ではないのです。

翻訳依頼をする際には、先方の翻訳会社はどういった言語が得意なのかを予め調べておく必要があります。さもないと翻訳を依頼してから、トラブルがあってはいけませんので、必ず確認をしておくことにしましょう。また、翻訳後納品されたとしましても、その国の地方によって方言もありますので、きちんとした翻訳がされているのかを検証できるといいですね。

上述のトラブルを避けるためにその翻訳言語を専門として、取扱っている翻訳会社を選択することも重要となってくるのです。これは翻訳依頼の際に、しっかりと確認しておくと共に、その翻訳に関して、どこの国、どの地域に適する翻訳なのかを事前に確認して、依頼する際にきちんと伝えておくことも重要となってきます。

翻訳目的にマッチする翻訳会社を選択すること

日本と海外各国の法律は同じという訳ではありません。特許や契約についても、その国によって考え方や慣習が違ってくるのです。特に難しいのが外国で仕事を請負った場合のことです。その国の法律に合わせた行動を取らなければならいので、契約書や書類の内容を理解しないとこの先に進めません。この時に翻訳会社に頼ります。仕事内容は一般人には難しい書類の翻訳を任せられます。作業が済めば海外での仕事を進められるので、責任重大な役目と言えます。

外資企業の財務諸表翻訳も翻訳会社の業務の一部です。英語で書かれた物だけでなく、中国語やドイツやフランス語で記載されている書類を翻訳することもあります。翻訳会社では他にも有名投資家のエピソードを訳す作業、ファンドの動きのトピックスなどを翻訳する仕事もしています。こういう業務は、金融系の翻訳に強みを持つ会社に任されることが多いです。

医薬や法務の翻訳をしている翻訳会社もあります。海外で製造された医薬の説明書を訳す作業は重い役目なので、翻訳経験と納入実績が豊富な翻訳会社が依頼を受ける場合が当たり前です。

外国でも日本と同じように時々法律改正を行われます。その時にどう変化したかを把握する目的で、翻訳の依頼がくるのです。まったく新しい法律はまれにないので、過去の案例と重ね合わせれば、翻訳作業が進められます。

翻訳会社の強みを選ぶことが大事なポイント

翻訳会社と言えば、様々言語が使用される現代において重要な架け橋です。翻訳会社なんてどこも同じだと思っている方もいるかも知れませんが、各社によって強みとしているものや特色も違ってくるので、当然どこでも良いという訳ではないのです。それでは一体どんな翻訳会社を選べばいいのか。それは翻訳依頼側が求めるニーズによって変わってきます。

上記のように、翻訳会社は各自の特色や強みがあります。その特色とは多くの翻訳者を有し幅広い分野や言語に対応し、納期についての対応力も高い翻訳会社もあれば、その逆に翻訳者の数自体は少なくとも少数の分野に対して、他の翻訳会社より特化しており専門性の高い翻訳会社もあります。一概にどちらの翻訳会社が良いとは言えませんが、ただ依頼者のニーズによって、どちらの翻訳会社を選ぶことが大切なのです。

また、どんな翻訳会社にも得意として、その強みである言語や分野があります。それで、どんな言語、どんな分野を翻訳して欲しいのかも翻訳会社を選ぶために大切な事です。このように翻訳会社を選ぶうえで、肝心なのは依頼者のニーズにあった特色や強みのある翻訳会社を選ぶということなのです。

翻訳会社なら安心のアフターフォローをお約束してくれる日本優良の翻訳会社がおすすめです!低価格で高品質、さらに敏速対応で実績も豊富です!

英語の翻訳家になるには様々な経験を蓄積することが重要!

英文記事やニュース

十人十色の英語翻訳スタイル

最近は様々な英語翻訳のスタイルが見受けられますが、そういった翻訳サービスを利用するときは、自分の生かす業務に使えるかどうかを判断することが大切です。それを無視すると無意味の英語翻訳になってしまいます。事前に自分の状況をきちんと整理しながら、如何に目的に近づけるような翻訳を得られるか、翻訳業者に相談していくようにしましょう。

インターネットの普及により、グローバル化が急ピッチに進んでおります。近年、英語の翻訳も急激に増えています。ビジネスレター、契約書、パンフレット、取扱説明書、発表論文、新聞記事、映像、IT関連、書籍など、内容も多岐に渡っています。語学への関心の高まりに比例して、英語の翻訳に取り組む人材も充実してきました。

しかし、日本語のライティングを例えるように、同じ内容の翻訳でも、担当の翻訳者により、翻訳スタイルは大きく変わってきます。身近な例では、書籍翻訳がその最たるものではないでしょうか。「読みづらい…」、「日本語が一見片言のように」、「表現があんまりにも堅苦しい」というマイナスの印象を受ける場合もある一方で、翻訳版に「ぐいぐい引き込まれる」、「翻訳された書籍を読んでいる感覚がしない」、「人物とシーンが目に浮かぶようだ」など、プラスの印象を持つこともあるでしょう。それで、原書の著者から「原作と全く違う本が出来上がってしまった」とクレームが入ることもよくある様ですね。

翻訳は、元言語から他言語への単なる語句の移し変えではなく、原文の印象、込められた思いなどを汲み取り、読み手に伝わりやすく表現する力が絶対必要だと思います。その為に取り組む分野、例えば:日ごろから新聞記事や書籍、ニュースなどに触れておくことや、様々な経験をしながら視野を広げておくことが大切でしょう。英語の翻訳は、翻訳者の人柄が表れる仕事だと言えるのではないでしょうか。

翻訳の仕事はアジア圏の言語の仕事もある

語学留学を目指す若い人たちが増えていますが、はやり英語圏が一番人気となり、アメリカ、イギリスカナダ、カナダやオーストラリアなどといった英語圏の国々が選ばれていますが、最近では短期で日本に近いフィリピンで英語を学ぶ人たちも急増しています。

或るいは、親の海外勤務や国際結婚といった要素からバイリンガルな人たちもいて、日本語以外の言葉を問題なく流暢に話すことができる人たちも随分増えています。そのような人たちは自分の習得した言語能力を活かした仕事がしたいと思って、その1つになるのがフリーランス翻訳ということになります。翻訳の仕事というのは簡単なネット記事の翻訳もあれば、本格的な専門性の高いものまで様々です。そして、英語やスペイン語などといった言語が世界では多く使われているので、これらの言語への翻訳の仕事が多いのは間違いないです。

とは言え、最近はベトナム語タイ語、そしてインドネシア語といった東南アジア圏で日本とのつながりが強い国の言葉への需要が増加し、そういた言語を翻訳できる日本人がそれほど多くないという現実があるので、これらの言語ができると、翻訳が依頼されるチャンスが広がります。そして翻訳の仕事はインターネット上で探すことができますし、求人サイトをチェックすることができるでしょう。

自動翻訳の将来性について

自動翻訳の可能性について、皆さんはどのようにお考えでしょうか。私もここ1年から2年の間に自動翻訳のシフトならかなり進んでいることを展示会や実際に体験できるツールで感じてきました。確かにGoogle翻訳を代表とする自動翻訳の精度は上がっている事は言うまでもありません。そして、驚くことに英語のみならず、あらゆる言語が翻訳の対象となりつつあることです。

これからの日本にとっては、2020年にかけて、この海外からのお客様を迎えるにあたり、もちろん英語力を身につける事は当たり前のことですが、もしくは当たり前にシステムとして自動翻訳が使えるようになってこそ、本当に観光立国と呼べるようになるのかもしれません。実際に歴史名勝を案内するようなご年配の方に対し、突然英語をマスターせよといっても難しい話です。また英語よりも中国語や韓国語の方が求められる時代がくるかもしれません。やはり自動翻訳システムで、日本語を簡単に多言語に変換、逆に多言語を日本語に瞬時に変換することができる自動翻訳システムになってくるわけです。

そういっても、これからは自動翻訳の精度がどこまで進化していくか、大きな未知数となり、注意深く見守っていきたいと考えます。

英文翻訳の仕事は高収入でやりがいがあります

英文翻訳の仕事

英文翻訳とは文字通り、英語を日本語に訳したり、日本語を英語に訳したりする仕事です。最近では、パソコンとインターネットさえあればできる仕事です。在宅でもできる便利な仕事なので、会社勤めでなくとも、例えば小さいお子様を育てながらでも高収入を得られる仕事です。

フリーランス翻訳者は大きく分けて、出版翻訳家と実務翻訳者の2つがあります。

夢やロマンを求めるなら、書籍の翻訳をする出版翻訳家が良いかもしれませんが、それなりのハードルが高いということで、短期間に実現できるものではありません。それで、いざ生活費やまとまった収入を得ようとするなら、実務翻訳者の方が確実な選択だと考えられます。それにしても、誰でもできる仕事ではありません。通常、ハイレベルな語学力が要求されます。

英語の理解力や読み書きなどが正確に速くできることが重視されます。その証明として、英語検定TOEIC等を何回も受けると良いでしょう。翻訳の依頼側にもよりますが、英語力は英検1級、TOEIC900点以上取れていることが望ましいと考えられます。

また、英語力以外に翻訳の仕事をする上で必要なことは、4つがあります。

  • 英語力
  • 日本語力
  • 調査力
  • 専門知識

これらを習得するには、プロの翻訳者を養成するための通信講座を受講する方法もあります。ご自分に合わせて、最適な方法を選べばいいでしょう。

それでは、実力と資格という肩書の両方を身に付けて、やっと仕事をすることが視野に入ってきます。そして、いざ翻訳実務に取り組んでみると、普段に見当がつかないような難問がよく出現されます。それを乗り越えて納期までに提出できて、翻訳を検収された時には、驚くほど高収入を得ることができますから、英文翻訳は非常にやりがいのある仕事です。

英文翻訳は大変で大切な仕事です

英語翻訳の心構え

英語の文書を翻訳することは、国際ビジネスに従事している中で日常茶飯事となり、その文書に記載されている英語を日本語に変換することです。

英語翻訳の担当者は、よほど英語力が高い人でないかぎり、書いてある英文を瞬時に日本語に変換することは難しいと思いますが、特に注意するべきことは、日本語と同様に、英語の単語もその場面や使い方によって意味が異なる場合が多々あることです。

例え、英語の中級者であると、英語の文書が簡単そうに見える場合、油断して間違いの多い翻訳になってしまう。しかし、まず英文を一通りきちんと読むことが大事です。そして、確信が持てない場合は、単語の意味合いのみならず、前置詞を含めたり、段落全体を検索して調べたりして、よく推敲することが大切です。

インターネットで単語を調べる人が増えていますが、その場合は必ず一つのサイトを見て早合点してしまわず、複数のサイトから解釈が正しいか選択しながら、よく確認することが必要です。

現在、インターネットで流行っている自動翻訳のツールも多く存在しますが、翻訳の精度はまだそれほど高くないです。自分の用途に合わせて翻訳ツールを使用するから、別に最適な日本語でなくてもいい、意味だけざっと分かればいいと思っても、まったく違う意味であった場合に、誰も責任は取ってくれません。何といっても英語の翻訳は、よく読み、複数のソースで調べるという習慣を大事にしたいものです。

法務関連の英語翻訳ブログを開設しました。

これから色々と発表させて頂きたいと思いますので、ご期待ください。。